コラム・お知らせ
2019.09.06
法律コラム

Abema的ニュースショーと弁護士の仕事が消える?話題

9月1日昼12時からのAbemaTV「Abema的ニュースショー」にゲスト出演させていただきました。

その時の話題の一つが、「AIにとって代わられる職業」で、弁護士の仕事が挙げられていました。膨大な判例を分析するのはAIの得意分野なので、分析した結果どう戦うかもAIの方が勝っていくということなのでしょう。そんな中、翌日の日経新聞には、「リーガルテック」(法律とITを融合させるサービス)のスタートアップ企業が事業の照準を個人に広げているという記事が記載されていました。

AIを活用した契約書分析サービスが、個人事業者なども使えるように安くなってきているというもの。契約書分析サービスとは、たとえば取引を始める際に取引先から提供された契約書が自己にとって不当に不利益ではないか、どういうリスクがあるか、という観点から修正したり、コメントを入れるものです。従来は弁護士が法的観点から行っていたものが、AIが行うことで単価が下げられるというのです。

契約書のチェックって、私は好きな作業なのですが、かかる時間で考えるとAIに負けると思いますね。ただ、契約書だけを見て判断できず、どういった仕事を受ける予定なのか、どういった点が不確定要素なのか、何が不安点なのか等聞取りを行ってより取引に即した契約書に修正することも多いのですがね。

とはいっても、AIを活用することはどんどん増えていき、私たち弁護士もうかうかしていられないのは確かです。

このAIによる契約書分析サービス、弁護士が業務に組み込むことも想定して営業されているようです。AIを使いこなす、スピードアップに利用するのは良いと思いますが、AIに頼り切りで契約書チェックできない人が増えたり、経験値を増やすことに意味を見出せなくなったりすると怖いですね。

電話でのご予約 (予約受付 平日9:00-18:00) メールでのご予約 (24時間受付)