【法人】利用例03

取引先とのトラブル回避のために利用

業種:建設業

工務店として個人向けの戸建住宅の他、大手建設会社からの下請工事を行なっているC社。
「戸建住宅では、引渡しから何年も経ってから瑕疵だとして補修工事を求められることがあります。また、下請工事では追加工事の代金を払ってもらえないこともあります。こういったトラブルのリスクを少なくして事業に専念したいと考えています。」

きらり法律事務所からのご提案
■ 電話・メール・面談での相談が可能
■ クレームに対し、瑕疵に当たるかどうか判例調査、アドバイス
■ クレームに対する簡易対応※1
■ 補修工事を行う場合の合意書の作成※1
■ 追加工事における確認書作成等のアドバイス・ひな型の作成※1
■ トラブル発生時の交渉代理※2

※1 顧問料の範囲を超える場合は別途費用が発生します
※2 個別案件として別途費用が発生します

代表者様の満足ポイント
■ クレームの電話が入る度に相談して、対応すべき事案かどうかを判断できる
■ クレームに自社で対応仕切れない時は、交渉をまかせられるので安心
■ 合意書などを作ってもらえるので紛争を繰り返さなくて済む
■ トラブルにかかる時間が減って事業に注力できる
■ 対応が素早くできるので会社としての信頼を強化できる
弁護士からのコメント
顧客や取引先との問題は対応が難しいものですが、法的責任を理解した上で対応することで、早期解決ができます。
顧問契約を利用して顧客や取引先からの信頼アップを図ってください。
電話でのご予約 (予約受付 平日9:00-18:00) メールでのご予約 (24時間受付)